新着情報

ニュース

2017/09/12更新

食の安全安心シンポジウム 「ほんまはどやねん?これからどうなる?遺伝子組み換え食品」のご案内(10/20、大阪)

2017年10月20日、大阪市において、大阪府主催のシンポジウム「ほんまはどやねん?これからどうなる?遺伝子組み換え食品」が開催されます。

日本はたくさんの遺伝子組換え作物を輸入しており、私たちの生活に欠かせないものとなっています。このシンポジウムは、「遺伝子組換え食品は危険なのでしょうか?」「普通の食品と何が違うのでしょうか?」といった疑問に答えるとともに、会場参加者との意見交換会を交えながら遺伝子組換え食品の安全性について考えます。

シンポジウムの詳細・申し込み方法は以下URLからご確認ください。
大阪府ホームページ
食の安全安心シンポジウム 「ほんまはどやねん?これからどうなる?遺伝子組み換え食品」を開催します!
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=18109

  • 開催日時:平成29年10月20日(金)14:00~16:30まで(13:30開場)
  • 開催場所:大阪府新別館北館4階 多目的ホール  大阪市中央区大手前3丁目1番43号 
  • 参加費:無料
  • 募集定員:300名  事前に参加申込みが必要です(申込み先着順)
 
内容:
(1)第1部 基調講演
「誤解だらけの遺伝子組み換え作物 ~記者が見た真実~ 」
 毎日新聞社生活報道部 編集委員 小島 正美 氏
(2)第2部 パネルディスカッション(会場参加者との意見交換を含む)
「ほんまはどやねん?これからどうなる?遺伝子組み換え食品」
◇コーディネーター
 大阪大学COデザインセンター 准教授 八木 絵香 氏
◇パネリスト
・毎日新聞社生活報道部 編集委員 小島 正美 氏 
・厚生労働省 医薬・生活衛生局 食品基準審査課
 新開発食品保健対策室 係員 永田 絵美 氏
・生活協同組合コープこうべ 総合品質保証室・CRM推進担当
執行役員 古山 みゆき 氏 
・主婦 伊藤 厚子 氏
  
  • 主催:大阪府
  • 共催:大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市、東大阪市